出雲ノ 空色湯呑


一日の空の移り変わりと共に。



松江市の宍道湖近くに窯を構える高橋氏。
いつも朝日で目覚めて工房に向う。
宍道湖のや山々の景色と共に暮らしています。
この湯呑は高橋氏の目にうつる
一日の空の移り変わりを表現したものです。
グラデーションは土に顔料を混ぜ込み、
微妙な色の違いを出し、
それを層にした練り込みという方法で作られております。




高橋 幸治 / 高橋 幸治窯 作
出雲宮本焼
高橋 幸治 氏の情報はこちら

色 : 黄色(日の出)/ 水色(日中)/ 紫色(夕方)/ 赤色(日の入)/ 黒色(夜)
Size : W.75 × H.87 × D.75mm


● 出雲ノ 空色湯呑(五色セット)

● 出雲ノ 空色湯呑(1個売り)




Paypalについてはこちら